パパになれる条件って何?

パパ活やってみたいけど、条件ってどんな感じなんだろう。

どうすれば、パパになれるんだろうそう思った男性はいるかもしれません。

一言で言ってしまえば、パパ活の条件は年収証明書があるかどうかです。

金額はサイトによって異なりますが、およそ800万円の年収証明書があればどこのサイトにも登録が可能です。

この年収証明書ですが、本当の信憑性の高いものじゃなくても普通に通ってしまいます。

自分で作成したようなものでも全然構いません。

特に個人事業主かなんかだと練習証明書がそもそも存在しないので、確定申告書などで証明すれば可能です。

ハンコの有無を特に気にしていないので勝手に作ったような年収3000万円のうさんくさいものでも普通に審査が通ってしまうのが現状です。

サイト運営者の意図としては入会金などを運営にまつわる会費さえ払っていただければ基本的にはどの男性でも良いというのが本音なんなのでしょう。

というのもパパ自体数が少なく、女性は多いです。パパの供給が間に合っていないのがパパ活の現状です。

パパを多くサイトに登録するかがパパ活においてる、生命線なのかもしれません。

したがいまして、多少詰めが甘い、パパ活希望の男でも全然パパになれてしまいます。

私は年収300万円のパパをしている人を知っています。

しかしながら、パパ活のサイトはあくまでパパは高年収ということが前提ですので、会費などの値段が普通の婚活サイトよりも割高です。

月額1万円ぐらいかかるサイトもあります。

純粋に風俗のような感覚でパパ活を目指す女性を食い物にしたいというのであれば一万円でピンサロに行けるので年得かというと微妙です。

しかしながら、パパ活志望者の女性はクオリティーが高くめちゃくちゃ可愛いのです。

うまく交渉するすべがあるのであれば大変おすすめです。

結局のところ、パパ活サイトはかわいい女性と出会うきっかけに過ぎず、ナンパのようなツールとして使っている男性も多いです。

女性はお金目的でサイトを登録していますが、女性の希望金額を払うとものすごい金額になり、あなたが会社員であるならば到底キープできるような金額でないことも多いです。

パパ活サイトは騙し合いです。

あなたが騙されるが、女性が騙されるか、そう言った恋愛の遊びとしても使えます。

特にパパは年齢が高いことが分かっている女性ばかりですので、こちらとしても戦いやすいです

あなたが既婚者でクオリティーの高い女性と恋愛の駆け引きをしたいというのであればパパ活はとても面白いサイトになります。

一度チャレンジしてみてもいいかもしれません

結局値段と言っても一万円ぐらいですので飲みに行た金額でしかないのでそこまで悩むようなことではないと思います。